スタッフ紹介

院長紹介

ご挨拶GREETING

院長 多田 信之

健康でありつづけるには、適度な運動・偏りのない食事・毎日笑う etc.
と色々な方法がいわれております。

運動するには喰いしばり、硬いものは歯でかみつぶし、友達と一緒に歯を見せて大笑いする。
すべてに歯が関わってきます。
そのために私たちは患者さまの現在だけでなく将来の健康を考え、お口からサポートをしていきます。

院長 多田 信之

こだわりは「入れ歯」「顎関節症」「歯周病」と「定期検診」

こだわりのきっかけ

大学の臨床研修で興味を持ったのが、顎関節症と入れ歯でした。
私自身学生時代に顎関節症を患っていたのと、その原因の1つが噛み合わせにあると知ったからです。そこで大学を卒業後、大阪大学歯学部第二補綴科へ入局しました。
運よく顎関節チームに入ることもでき、念願だった顎関節症と入れ歯の両方を勉強できる機会に恵まれました。

入れ歯と顎関節症

大学病院で経験したのは、入れ歯でも難症例ばかりでした。
歯ぐきが痩せすぎていてどうしても痛みが出る、噛み合わせが強すぎて入れ歯がすぐ破折するなど、なかなか診ることのできないケースばかりでした。
研修医にはかなり難しかったですが、周囲には専門医の先生が何人もおられ、たくさんのアドバイスを受けて治療することができました。
専門書にも囲まれ2年間入れ歯について徹底的に勉強できました。
また顎関節症は口腔外科の手術に立ち会わせてもらうなど、様々な治療法を見学させてもらいましたが、完治させることも難しい病気だと痛感させられました。

歯周病への気づき

難しい入れ歯のケースを診ていくうちに、「なんでこんなに歯と歯ぐきがなくなっているのか」と疑問に思えてきました。
原因のほとんどは歯周病でした。すると興味は歯周病を治すことに変わってきました。
大学病院を辞めたあと、勤務医時代は歯周病の勉強が中心になりました。様々なセミナーに参加して著名な先生の考え方、治療法を学べました。
しかし実際の治療ではこちら側の治療だけでは治りません。患者さまが治そうとする気持ちを持ってもらわないとなかなかうまくいきません。
患者さまに説明し、理解してもらうのに大変苦労しました。

大切なもの

歯周病が進行してから治療するのではなく、まだ問題が大きくなる前から患者さまに意識してもらい、問題が生じてきたらすぐ治療する。
しだいに考え方はこの方向に固まりました。つまり定期検診を軸にした予防の考え方です。
歯周病だけでなく、むし歯も定期検診で早くに発見できれば治療も早く終わります。
痛くなってから通うのではなく、痛くならないように通う歯科医院になれるよう、これからも努力していきます。

略歴

平成15年 北海道大学歯学部卒業
大阪大学歯学部付属病院 第二補綴科入局
平成17年 小池歯科医院勤務
平成23年 多田歯科勤務
平成27年 多田歯科継承開業

所属学会など

  • 日本補綴歯科学会 会員
  • 日本歯科医師会 会員
  • 床矯正研究会 会員
  • 西成区歯科医師会 理事
  • プロタゴニスタ 主宰
  • 大阪大学歯学部 スーパー研修登録医
  • 厚生労働省認可 臨床研修指導医
  • 第二種歯科感染管理者

過去に受講した主な講習会

  • 日本口腔インプラント学会認定講習会
  • カムログインプラントハンズオンコース
  • JIADS ペリオコース
  • NSK ペリオセミナー
  • PEC 歯科医師ペリオコース
  • 床矯正ベーシックコース
  • 床矯正スタンダードコース
  • バイオデント矯正スタンダードコース
  • 修練会 クラウンブリッジコース
  • 村岡英明先生 義歯セミナー
  • 修練会 RPD(局部床義歯)コース
  • 修練会 RPDレビューコース
  • 歯科医院地域一番実践経営塾
  • マネジメント力アップセミナー

ご予約・ご相談は
お気軽に

将来のお口の健康が心配でしたら、天下茶屋・岸里・西成区にある多田歯科まで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • お気軽にご相談ください 0120-2657-39
  • 診療時間
    9:00~12:30 / 14:00~19:00
    休診日
    日曜・祝日